宝くじに当たった夢を見る男

革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

宝くじ

ビル

宝くじに当たった夢を見る男

僕は最近宝くじが当選する夢を良く見ます。
不思議です。
なぜかと言うと今までに宝くじを買ったことがないからです。
自分の親は宝くじが好きで僕が子供のころは一緒に売り場に行き父さんに「どの番号がいい?」と聞かれぼくが選んだ番号で宝くじを買っている父さんの姿をいまでも覚えています。
実際に夢が現実になるようにと宝くじ売り場に久しぶりにいったのですがまず種類の多さにびっくりしました。
値段も100~300円のものまであります。
なにを買ったらいいのやら、。
さっそくその宝くじを20枚購入し、挑戦してみました。
1枚1枚削るごとにわくわく、ハラハラです。
今までに味わったことのない感覚です。
削るまでに「あたったらどうしよう」「なにを買おうかな?」などいろんな想像をして楽しめました。
結局夢は夢のままで当選は100円だけでしたが、あの興奮が癖になり今では毎月のように挑戦しています。
まずは当選金額1万円台を目指して奮闘中です。